Applihelp

Applihelp 体験デモ

アプリヘルプ(AppliHelp)が、実際にアプリ内でどのように動作をするのか、またどんな管理画面でユーザーとのやりとりが可能なのか、ここでは動作の流れをご紹介します。

クリックして、体験デモをスタートしましょうアプリヘルプSDKを組み込んだアプリには、アプリ内で完結する問い合わせフォームと受信画面が用意されます。ユーザーはトラブルや不明な捜査などを問い合わせることができます。問い合わせが発生するとサポート担当者宛てにメールが届きます。リンクから該当メッセージに直接行けます。ログイン画面ユーザーの端末情報と問い合わせ内容を一緒に見ることができるため原因の特定や案内が行いやすくなりますサポート担当者が返信をすると、ユーザーの端末にPush通知が届きます。返信を見逃したり気づかれないのを防ぐことができます。ユーザーが、メッセージを読むと「既読」状態に変化しますユーザーの返信ユーザーと何度でもメッセージをやりとりすることができます。問題が解決し、良い評価が期待できそうなユーザーに、レビュー依頼を送信することができます。レビュー依頼のメッセージには、GooglePlayやAppStoreの該当アプリに直接アクセスできるボタンが表示されます。ストアのアプリページに移動し、ユーザーがレビューしやすくなります